りゅうあ!爆報フライデーの事故物件は自宅

りゅうあが爆報フライデーで事故物件の自宅を紹介

コロナ禍も徐々に収まりつつあり、梅雨っぽくない梅雨の季節になってきて夏の日差しが強く感じられる昨今だが、心霊アイドルで 頭角を現してきているりゅうあが、6月19日の爆報フライデーに出演する。

りゅうあは、三歳の頃から幽霊が見えたり心霊体験を体験していて、幽霊と友達になりたいと思っている稀有なタレントだ。
そして2014年から事故物件として取り扱われている部屋に住んでいて、本人は幽霊と同居中と語っている。どうやら公私問わず心霊スポットによく足を運んでいるようで、本当に幽霊と友達になりたいと思っているようだ。

そんなりゅうあが住んでいる事故物件とは、一般的には殺人や火災、事故や自殺など様々な要因で居住者が死亡した物件のことを総称している。そんな事故物件に、自ら進んで住んでしまったりゅうあだが、今回も、事故物件に実際に住んでいるアイドルとして今回も爆報フライデーに出演している。

そこで今回は、爆報フライデーで取り上げられた事故物件の詳細をレポートしている動画の感想や、今回の爆報フライデーで取り上げられなかった事故物件・心霊タレントについても調べてみた。



りゅうあが爆報フライデーで紹介する事故物件とは

爆報フライデーの例の通り、りゅうあは心霊タレントでいくつかのメディアに出演しいるが。今回は本人が出演しているYouTubeを見つけたのでその内容を見てみよう。youTubeでは3回にわたってその内容を詳しく説明している。

内容は爆報フライデーと一部被るかも知れないが、はじめの動画では、りゅうあが実際に住んでいる部屋を紹介し、そこに3人の霊が住んでいることを告白している。

一人目は35歳くらいの男性の霊、

二人目は頭を抱え怯えて座っている高校生ぐらいの男性の霊、

そしてもう一人が全身真っ黒で目だけが見えている男の霊、

という事になっている。
不動産の人に初めてこの事故物件を紹介された時、お風呂場に35歳ぐらいの男性の霊が りゅうあを睨んでいるのを見ることができて、「ここに住む」ことを決めたらしい。一般的にはちょっと考えられないことだけれども、幼少の頃から 霊感が強く、霊と友達になりたいと思っているらしいので妙に納得できる。

そしてさらに驚く事に、どうやらこのお風呂場に3人の霊が比較的集まりやすいようだ。常駐というか同居している霊が全員男性で、しかもお風呂場に集まって来ることから、彼女の入浴シーンを見るのが好きなんじゃないかと、ちょっと変な事を考えてしまうくらい異常な現象だ。
一方で、霊現象は水のあるところで多発するという実例をいくつか聞いているのでそうした事も理由ではないかと思う。

また動画の中では、このお風呂が、部屋の造りだけを見るならここだけ何故か綺麗で新しく、リフォームされた形跡がある。今はお風呂場となってるが、リフォーム前は何か違う場所で、訳あってお風呂場にしているという。ガス屋さんや不動産関係者からもそう言われていて、何かがあった事だけは察しがつく。霊の状況からも、ここで火事があったのではないかと個人的には想像する。
そしてさらに驚く事に、普段は3人の霊が出現するが、 時々別の3人もこの部屋に集まってくるらしい。という事は、たまに6人の霊が同じ部屋の中に居る事になる。常識的には考えられないと言うか、自分だったら絶対住まないような部屋だが、りゅうあはにはそういったことに耐性があるらしい。

この部屋には、実は何人もロケのスタッフが入ったりしてるようだが、面白い事に男性と相性が悪いらしく、主に男性スタッフが気分が悪くなったり、ひどい場合には吐き気を憶えたりするらしい。爆報フライデーのスタッフも大丈夫だったのかと心配になる。
兄弟にお兄さんがいるようだが、りゅうあの部屋に泊まりに来た時などは、一晩中寝ている周りを足音がしたり 、知らないうちにお腹にたくさんのミミズ腫れが付いていたりと、不思議な現象には事欠かない。本当に色々な事が起きている、まさに心霊現象のデパートのようだ。

1話目と2話目は物件の内容と、起きている心霊現象を詳しく説明しているが、3話目は事故物件の部屋に定点カメラを置いて、実際に心霊現象が起こるかどうかを確認している。日中の昼の時間にも関わらず、不在時のわずか2時間、定点カメラおいて誰もいない部屋を撮影しているが、誰もいない2階の部屋でドンドンという音が何度も聞こえる。そしてさらに水が流れる音やパンという音が聞こえる。
これはいわゆる心霊現象として名高いラップ音だろうか?終いには男性の笑い声まで聞こえてるようだ。
本人は全く怖くないらしく、むしろ居心地がいいらしいので本人的には問題ないのだろうが、個人的には もし誘われてもあまり行く気にはならない



爆報フライデーに出たりゅうあ以外にもいる心霊タレント

ところでりゅうあ以外にも、心霊アイドルや心霊現象、事故物件に関わりが深いタレントはいるのだろうか?もちろん数名存在する。

まずは 同じジャンルの心霊アイドルとして一時期話題になった 篠原冴美だ。篠原冴美もかなりかなり変わった人のようで、初めて心霊体験をしたのは小学生小学校5年生の時。以後霊を呼びやすい体質ということで実際そうした経験も何度も経験している。

彼女の芸能界デビューは、2010年の第1回ミスヤングチャンピオンのグランプリを受賞した時から。翌年には恵比寿マスカッツに出演したり、プロ雀士の資格を取得している。
また、バイトをしてもすぐに辞めさせられ、24個ものアルバイトをクビになっていたことで某番組でも取り上げられた経緯がある。

彼女は心霊タレントというよりも、霊を呼びやすいタレント、感受性の強いタレントであると言った方がいいのかもしれない。事故物件とはあまりシンクロしないと思われる。

もう一人は「事故物件住みます芸人」で有名な松原タニシ。事故物件に関わる発端は、 北野誠の番組「北野誠のおまえら行くな」のトークイベントに出演した際、その打ち上げで番組の中で話題になったアパートに「住んでみろ」と言われたことがきっかけ。
実際には別の事故物件に住むことがはじまりになった松原タニシだが、それが高じて色々な番組イベントに呼ばれ、「事故物件住みます芸人」として注目され始めた。2012年から事故物件に住むことになり、現在は10件目に住んでいるという。今年、自身の実話が映画化された事でも話題になった。

事故物件に関わる前は厳しい下積み時代を過ごしたようだが、これがブレイクのきっかけになったので本人にとっては事故別件様様ともいえる。 全く関係ないが、大学の在学中に松竹芸能の養成所に家族で内緒で通い始めたが、父親が同じ大学の学部に入学して、内緒で養成所に通っている事が発覚してしまい、大学を中退したという面白いエピソードがある。

また、元祖心霊タレントとして名高い稲川淳二も忘れる事が出来ない。怪談などで人気を博し、現在は夏の風物詩的な立ち位置とさえ感じる。

また、事故物件サイトを管理している大島てるも忘れてはいけない存在だ。今回の爆報フライデーでも、その筋の専門家として事故物件の解説を任されているが、爆報フライデー以外にもかなりの番組に露出している。専門家・ビジネス枠のタレントともいえる。爆報フライデーのような番組以外でも、dvdや映画、動画サイトでもかなり活躍している。

こうしてみると、りゅうあ以外は 霊が見えると言った事よりも、霊現象や事故物件に関わってきたタレントとして認知されてきたようなイメージが強い。その点りゅうあは、ガチで霊に向き合っている心霊アイドルと言える。

むしろ霊と友達になりたいと言う、自分から積極的にあちらの世界に近づく姿勢なので、幽霊側もりゅうあを拒絶していないような気がする。
考えてみれば もし仮に霊という存在がいるのであれば、敵対するよりも味方につけたほうが現実の世界でもうまくいくのではないだろうか。敵対するより仲良くなるのは、人付き合いの基本。それは霊の世界でも同じかもしれない。
これからのりゅうあの活躍に期待だ。


りゅうあ!爆報フライデーの事故物件は自宅

Author: mediapromotion