清原和博の今現在2020を想う「薬物依存」刊行したし

清原和彦の今現在2020はどうなるのか?

清原和彦の今現在2020はどうなるのか?
清原和博さんのファンのみならず、プロ野球ファンならきっと少なからず清原和博さんの今現在に関心があるのではないだろか?
ひと昔前なら薬物依存など考えられなかった元プロ野球選手の清原和博さんが6月15日、覚醒剤の懲役で受けた執行猶予が終了し、文藝春秋を通じて談話を発表した。
またそれに合わせて、その発表の中に直筆メッセージも含まれ、その談話に合わせて「 薬物依存症」という著書を刊行した。

清原和彦さんは、刑を満了したという報告と共に、ファンの皆様にお詫びをしつつ、執行猶予の四年間の薬物依存との戦いを 自分の信条を初めて赤裸々に語っているようだ。そしてこれからの人生を薬物依存で苦しむ人達と、野球界そして高校野球に捧げたいと そのお詫び文を結んだ。
恐らく、刑を終えた自身の 2020年今現在の心境と決意が語られているのだろう。

大手芸能事務所「ケイダッシュ」の川村会長も、清原和博さんに「大変なこともあるだろうが、自分の毛に夢に向けて頑張れ」とエールを送り今後の支援を約束したようだ。芸能界の大物会長に 支援を受けてるということは、今現在もさることながら、2020年以降、これからも何らかの芸能活動ができる可能性があると約束された形にはなっている。

清原和博さんは、今現在もなお多くのファンと支援者がいて、とても恵まれている。苦難の道ではあるが、これからも頑張ってほしいと切に願う。



清原和博さんの今現在の問題、2020年のこれからは?

さてそこで考えたいのは、清原和博さんの今現在2020年の問題とこれからだ。清原和博さんが活躍できるかどうかの問題点を、かなり勝手ながらいくつか考えてみたい。

まず始めに考えなくてはいけないのは、もちろん薬物依存に関することだ。これは多くの方もご周知のとおり、執行猶予が終了し、刑を満了したといっても薬物依存の可能性がゼロになることはまずない。多くの芸能人が薬物依存で再逮捕される現実を見てきていると思う。それは過去の事ではなく、今現在も実例として挙がってきている。
10年以上薬物を辞めていても再び乱用するとすぐに以前の乱用時の状態に戻ってしまい、元に戻るという症例が実際に起こっているので、何年経とうが気を抜けばすぐに逆戻りだ。周囲の支えてくれる人がとても重要になってくる。そしてそれは期間限定ではなく、生きている限り続くという事だ。

また、清原さんには薬物依存の他にも体に入れ墨を施しており、それは見た目の派手さや威圧感以上に身体に及ぼす影響が懸念されている。皮膚に異物を入れる事であるので、身体はその異物を除去しようと働く。肝臓の負荷がかかるし、実は現役中に入れ墨を入れたスポーツ選手が、著しく身体能力が落ちるというデータも挙がっているようで、それはもちろん現役引退後の今現在でも身体に影響を及ぼすだろう。
ネットでもかなり画像が拡散されているが、全身ではないにせよ清原和博さんの身体のそこそこの部分を覆っているので、そうした事を気遣う事も重要だ。

また清原和博さんは、小さい頃から現役引退まで、ほぼ野球一筋でやってきた方だ。野球以外に今から何か特出した「特技」持っているという話はあまり聞かない。親しい間柄ではないので野球以外の情報はあまり知らないが、野球以外に何もなければ野球で勝負するしかない。もちろん人間にやる気になれば何でもできるとは思うが、実際にはそれなりに努力というものが必要だ。野球に関する事で自分の居場所を作り上げるしかないのだ。
清原和博さんは2020年の今現在 50歳を超えているので、何か新しい事にチャレンジして身に着けるにはそれ程多くの時間はない。
それに、清原和博さんのこれまで野球界に貢献した事から離れて活動するのももったいない。やはりこれからも野球だ。

そしてもう一つ、人気そして実力ともにさね備えた有名プロ野球選手であった事から、おそらくプライドも高かったと思う。 清原和博さんは、応援してくれる人も多いが アンチも少なからずいる。それは仕事をする環境でもそうだし、生活する中でももちろんそうそうだろう。そうした双方からの声は耳に入る。そんな素人や一般人の他愛ない誹謗中傷や、程度の低いアドバイスに触れた時、清原和博さんはそれを容認できるかどうかということも問題になってくる。

有名人であれ無名人であれ、誹謗中傷や程度の低いアドバイス、見当違いな助言など、ありとあらゆる言葉が 清原さんの身に降りかかることもある。
その時に我を忘れて感情のままに対応するということでは、例えいろいろなチャンスがこれから巡ってくるとしても、せっかくのチャンスをぶち壊してしまう可能性がある。きっと今現在は多くの支持者やメンターと出会い、そんな事は起きないとは思うが、そうした心のケアも十分配慮する必要があると思う。



清原和博さんの今現在、そしてこれからの展望や2020年以降について

清原和博さんの今現在2020と、これからの展望については一体どうか?

先ほど挙げた問題でもあるが、清原和博さんの今現在2020も未来も、きっと「野球」だ。
野球という人気スポーツの中で、しかもその頂点である「プロ野球」という競争率の高い世界で確固とした地位を築いたその実績や努力は、決して無駄にならないし自分を裏切らない。
今現在の自分をしっかりと見つめて、周囲の助言に耳を貸しつつ、一歩一歩歩めば、その未来は開けていく。

ご本人も、これからの人生を「薬物依存症で苦しむ人たち、野球界そして高校野球に捧げたい」と話してることから、野球に関する分野での活躍が期待される。

もちろん現役復帰ということは100%ありえないが、野球界の発展に貢献する道はまだまだ清原和博さんも前に開かれている。メディアへの露出も増えるであろう2020年、コロナ禍で失業や不安で心を痛めている同年代の「再起の星」として活躍するチャンスだ。清原さんの実績や知名度はそうしたことでも生きるのではないだろうか。

また、メディアは今様変わりをしているので、大手のメディアに固執することなくSNSを使って発信するような手段をとるのがベストではないかと思う。またそうした時に、清原和博さんをメンタルでしっかり支えてくれる人、映像などメディアの実情に明るい人とコンテンツを加工編集できる技術者、そしてマネージメントの専門家でチームを組まれることをお勧めする。

今回の書籍も含め数冊の著者となっている清原和博さんなので、著作活動に活路を得たとも言える。活字であれば 表現方法が限定される分、自身の考え方えをしっかり伝えられるし、その特性を生かして逆にイメージを塗り替える事もできる。またそれは、原作や原案となって別の道を切り開ていくれる。今は電子書籍や音声書籍と裾野が広がっているので、広く海外を視野に入れて著作やコンテンツの蓄積をすると良いのではないだろうか?

また著作活動もさることながら、自身の半生の映画化にむけて動いてみてはいかがだろう。

また、高校野球に関しても、現在コロナの影響で2020春の選抜はなくなり夏の高校野球も中止され、7月に代替大会が開催されるというように縮小されてしまった。こうした中で清原和博さんが自身の失敗や苦悩からの立ち直りを伝える機会があれば、きっと選手の励みになるのではないか。

また、ネットを通じて野球教室をするとかワンポイントアドバイスをするとか、何かしらのアクションができるかとも思う。現在の体型をしっかり確認していないが、現役の頃よりかなりふっくらとしているので、ライザップなどでしっかりと体を絞る機会をメディアとタイアップできたら面白いとも思う。

清原和彦さんの執行猶予が満了し、メディアの露出も増えると思われる2020の今後、こうした活躍のためには、当たり前のことだが決して薬物に手を出さないことだ。そして周囲に感謝して、今まで以上の努力をしねければならない。仮にここで落ちてしまったら、おそらくもう後がない。

失敗してまた這い上がり、失敗してまた這い上がると言う飽くなき挑戦もひとつの美談だが、年齢的なこと、そして社会的なイメージを考えると、ここで崩れ落ちたら もう二度と後がないのではないだろうか。

「もう後がない」と心に決めて邁進することがきっと唯一の解決策であり、残された最後の道であると思う。
支えてくれた周囲の方に感謝して、ユニフォームを脱いだ 「新たな怪物 清原和博」を私たちの前に見せて欲しい。
2020年は、清原和博さんの今現在から未来を占う大切な門出だ。


清原和博の今現在2020を想う「薬物依存」刊行したし

Author: mediapromotion