道端アンジェリカの旦那の飲食店に思う事 

道端アンジェリカの旦那の飲食店の今を推測

道端アンジェリカの旦那の飲食店は代官山にある会員制の「Under Bar」というバーだ。
先だってのニュースから、道端アンジェリカさんと旦那のキム・ジョンヒさんは離婚協議中で、道端アンジェリカさんはこれからは シングルマザーとして、芸能活動を再開させるそうだ。

旦那さんとは離婚協議中で、離婚届は1ヶ月ぐらい前に判を押してキム・ジョンヒさんの方に送っていらしい。小さい子供はアンジェリカさんが育てていくことになっている。シングルマザーとして子供を育てていくということは大変なことであり、時には仕事上でもプライベートでも行き詰まることがあるかもしれない。
しかし世の中のシングルマザーは、そうした中でも 頑張って前に進んでいるので 道端アンジェリカさんも しっかりとした心構えで前に進んでほしい。

一般的に考えるなら、旦那さんは養育費などをお子さんに支払わなければならないし、その他の経費も発生すると思われる。経営者としてみればかなり大変だ。

そんな中、恐喝事件そして美人局疑惑で話題になった旦那さんの経営している飲食店「Under Bar」は現在どうなったのか、そして、バーという飲食店の運営のこれからを少し考えてみた。



道端アンジェリカの旦那の飲食店はどうなのか

飲食店といっても様々。一般的な定食屋やカレー、ラーメンを提供する飲食店もあれば、夜の団体を主軸に置く居酒屋や、フードとアルコールを充実させたレストラン、ファミレスやカフェ、 アルコールやサービスを主軸に置くバーやキャバクラ、また風俗店なども飲食店に数えられる。

その中で、夜から深夜、時には朝方までの営業をメインし営業しているのが「バー」という飲食店の形態と言えるだろう。
道端アンジェリカさんの旦那が経営していたのはのは、この「バー」だ。

バーのイメージは何と言っても、「非日常」的な雰囲気。高級感あふれる店内とカクテルや豊富なアルコール類をメインとしたメニューだろうか。事実、グルメサイトの情報から想像すれば、内装もシックな感じだが高級感あふれる内装になっていた。

しかしこのコロナ禍ということもあり、また以前飲食店に関わってきたという経緯から想像すれば、このコロナのご時世で、しかも恐喝事件が怒った場所とすれば、一般のお客様はなかなか足を運ばないだろう。
道端アンジェリカさんの旦那のお店ということで、事件前は彼女のファンや関係者が積極的に利用してたということも考えられるが、今のこの状況は かなり厳しいだろうと考えられる。

アンジェリカさんの旦那がこの飲食店であるバーの経営以外にも 幾つかの事業の柱を持っているとすれば、こうした危機も乗り越えられるだろうが、バーの経営だけでは新型コロナウイルスの影響は甚大で、壊滅的だともいえる。

しかし旦那さんの飲食店であるこのバーは 会員制ということもあり、常連客がお店を支えてくれるかもしれない。旦那さんは韓国国籍ということなので、日本に住む韓国人の経営者達のコミュニティとのつながりがあると思うので、彼を支援してくれるかも知れない。

後は、経営者である旦那さんの「 人となり」がきっと物を言うだろう。彼を助けてくれるお客様や支援者が多ければ多いほど この危機は回避されるが、人望がなければ消えていく可能性が大だ。
飲食店は、その業態に関係なく人によって左右される。恐喝はもちろんあってはならない事で、人を大切にしなければならない飲食にとっては致命的なので厳しいとは思うが。

思えば道端アンジェリカさんも父親がアルゼンチン生まれの外国人、母親が日本人とハーフと言う生い立ち。一方の旦那キムジョンヒさんは、日本に住む韓国人。いわゆる「在日」だ。そうした境遇もあり、わかり合える部分があったのかもしれない。

お二人は、残念ながら結婚後数年で破局してしまったが、二人の間にいる子供は存在するのは事実であるから、子供のために二人は別の道を歩んでいきながらも、子供のために これからも頑張らなければいけない。



道端アンジェリカの旦那の飲食店に見るバーのこれから

旦那さんの「バー」と言う飲食店の業態について今一度考えてみると、その経営形態には会員制と非会員制の二つに大きく分けられると思う。

言葉通りだが、会員制とは「一見さんお断り」で、紹介した人がいなければそのバーには入店できないのが原則だ。高級店や、昔からの馴染みのお客様を大切にしているお店がそういう形態をとる場合が多い。
道端アンジェリカさんの旦那のお店は、住所こそ目黒区であるが、場所的には「代官山」と言う高級住宅地として有名。大使館やインターナショナルスクールが存在し、付近には富裕層や芸能人が数多く住んでいる。

こう見ると、富裕層のみを対象にした高級飲食店というイメージが強いが、こちらのお店は、会員制ではあるが有名グルメサイトに掲載されているところを見ると、一般のお客様を取り込む姿勢があったのかもしれない。

非会員制のお店は、広く一般的なお客様も気軽に来れるバーとして経営するので、金額的にもややリーズナブルで敷居も低い。飲みやすさやフードも充実させているだろう。告知にもかなり力を入れるも必要にがあるだろうし、必ずしも宣伝広告費をかけてグルメサイトに載せる必要はないのが、集客にはかなり工夫や努力をしているだろう。

どういった業種にしても集客は必要で、常連客をいかに増やすかが成功の鍵となる。会員制を歌っているバーであっても、一言さんOKというところも存在するし、高級感や差別化、イメージ的な戦略として会員制を歌うバーやクラブも、もちろん存在する。

勝手な推測だが、当初は道端アンジェリカさんの旦那という事もあり、キム・ジョンヒさんのお店は「完全会員制」、プレミア的は価値があったかも知れないが、ダークなイメージもついてしまい経営不振だと思われる。オープンして間もなかった事もあって恐らく常連客も希薄だったのではないだろうか。

飲食店の中でもバーと言う形態のお店は、 常連客そして高い客単価で原価率を低くして収益を回すのが一般的なスタイルだ。であれば、そのお客様がそこに来る価値あるサービスを提供することが一番の肝になるので、来店理由が明確であれば 長く存在できるがその理由が明確でなければ、数年して気がついたら消滅ということが多い。

グルメサイトに乗せられている連絡先やメニューの内容が消滅していることからも、残念ながらお店は閉店もしくは休業したと言う可能性が高いと思われる。 もしくは完全なる会員制をより強固にしてお店を経営しているのかもしれないが、ともあれこれから先は以前と同じ飲食店の形態を取ることが非常に難しくなっている時代に入ってしまったので、より斬新な経営をしなければ 生き残っていけないだろう。

離婚と言う一つの悲しい結末を取ってしまった道端アンジェリカさんとその旦那さんだが、現実はコロナの猛威と相まって厳しいもの。更なる努力を強いられるだろう。


道端アンジェリカの旦那の飲食店に思う事 

Author: mediapromotion